人生の楽園計画
2度の心臓手術を乗り越え、現在も夢中のトライアスロンと、セミリタイヤに向けての歩みを紹介しています。

プロフィール




プロフィール

室谷浩二(むろや こうじ)トライアスリート1962年8月生まれ
滋賀県大津市在住
フルタイムのサラリーマンとして従事しながらも自身の挑戦を続ける強豪エイジグルーパー。
40歳から本格的にトライアスロン競技に参戦しJTU日本エイジランキングで2009年(40-49)2010年(45-50)の2年連続で日本チャンピオンとなる。
その後主戦場をミドル、ロングディスタンスに移行し、全日本トライアスロン宮古島大会では13年連続で出場し年代別表彰10回。(2013年総合最高位は53歳で19位)

その他国内外のレースで表彰多数の実績を持つ。その後友人の誘いがきっかけとなりハワイアイアンマン世界選手権を目指すようになり、2012-2016年の5年連続で予選を突破し世界選手権に出場。

2017年の4月と6月に心臓手術を経てレースに復帰。再びハワイ世界選手権の舞台に立ち226kmの距離を11時間04分で完走を果たす。

一方トライアスロンの普及発展のためトライアスロンチームBigLakeを2012年に立ち上げ、今や国内外で180名が在籍する国内屈指のチームの代表も務めている。

個人ブログ:http://km508145mk.blog.fc2.com/
トライアスロンチームBigLake:http://biglake2012.web.fc2.com/
Facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100003007937251

主な戦歴

2007年

全日本トライアスロン宮古島大会 年代別優勝

2008年

全日本トライアスロン宮古島大会 年代別2位

2009年

JTUエイジランキング(40-49)日本チャンピオン

全日本トライアスロン宮古島大会 年代別優勝

2010年

JTUエイジランキング(45-49)日本チャンピオン

全日本トライアスロン宮古島大会 年代別2位

2011年

全日本トライアスロン宮古島大会 年代別2位

2012年

Ironman70.3セントレア 年代2位

IRONMAN World Championship:年代41位

2013年

Ironman70.3セントレア 年代優勝

全日本トライアスロン宮古島大会:年代優勝
五島長崎国際トライアスロン大会:年代優勝
IRONMAN World Championship:年代31位
JTUロングディスタンス(50-54)日本チャンピオン

2014年

五島長崎国際トライアスロン大会:年代優勝
IRONMAN Japan北海道:総合31位年代2位
IRONMAN World Championship:年代40位

2015年

久米島トライアスロン大会:総合4位年代優勝
全日本トライアスロン宮古島大会:総合19位年代2位
石垣島トライアスロン大会:総合8位年代2位
びわ湖トライアスロンin近江八幡総合26位年代2位

IRONMAN Japan北海道:年代2位
白浜トライアスロン大会総合8位年代優勝
IRONMAN World Championship:年代53位

2016年

IRONMAN New Zealand 年代4位(ハワイスロット獲得)
全日本トライアスロン宮古島大会総合40位 年代3位
IRONMAN Asia-Pacific Championship Cairns 年代別10位(ハワイスロット獲得)
IRONMAN World Championship:年代92位
IRONMAN 2016 All World Athlete 50-54エイジグループ・ランキング:グローバル17位/日本人2位、Goldステータス獲得

2017年

3月 IRONMAN New Zealand エイジ6位
心臓手術(4月、6月)で数レースキャンセル(*詳細は下記に記載)
11月 IRONMAN 70.3 Xiamen エイジ6位

2018年

3月 IRONMAN 70.3 Taiwan エイジ3位
6月 IRONMAN 70.3 Subic Bay Philippines エイジ優勝
8月 IRONMAN 70.3 Cebu Asia-Pacific Championship エイジ優勝
10月 IRONMAN World Championship エイジ48位
IRONMAN All World Athlete – Age Group Ranking M55-59 71位/8761人
IRONMAN 70.3 All World Athlete – Age Group Ranking M55-59 4位/6055人
GOLDステータス獲得

2019年

5月IronmanAustralia 年代9位

6月Ironman70.3Subic 年代3位

7月IronmanCanada 年代4位

8月Ironman70.3Sebu 年代2位

9月Ironman70.3 World ChampionshipNice 年代58位

10月IronmanMalaysia 年代2位 (IronmanWorld Championship2020スロット獲得

IRONMAN All World Athlete – Age Group Ranking2019」 M55-59 4位/10200人
GOLDステータス獲得

2020年

2月Ironman70.3Dubai 年代5位

 

出演 メディア紹介

2015 トライアスロン専門誌 LUMINA

2016 NHK 滋賀放送局

2016  FM 滋賀

*他、サポート頂いている企業様のサイトで多数紹介して頂いています。

*PowerBar様http://www.powerbar.co.jp/athlete/muroya.html

*Panaracer様https://panaracer.co.jp/media/detail.php?id=57

*ハニープラス様http://www.daiyuindustry.co.jp/honeyplus16.htm

講演

□中学校 1回

□企業 2回

□フィットネスクラブ 1回